お茶と店舗のブランドデザイン・東京狭山の茶屋と製茶事業|幸右衛門茶舗

業務事例

topelement

業務事例

事業・店舗ブランディング/東京狭山の製茶事業と茶屋

宮鍋製茶株式会社様 幸右衛門茶舗

江戸時代から230年以上にわたり、茶畑を代々受け継いできた東京狭山茶の老舗、宮鍋製茶様。その事業ブランド、幸右衛門茶舗のブランディングです。製茶事業にあわせ実店舗を数店持ち、地元にしっかり根づき愛されてきた茶屋であり、代々受け継いできた日本の茶づくりの心と感性が息づいています。その伝統とルーツを基盤に、茶づくりへの情熱と革新により生まれる美味しいお茶。
「人と人の間に良質な茶があり、幸が生まれる。」打ち立てたこのコンセプトを軸に、決して浅はかで軽い流行には媚びない、普遍性をもった強い表現を目指しています。

実行内容とプロセス

実行内容とプロセス

プロジェクト要件の確認

事業環境分析
自社:意思確認
代表者インタビュー

事業環境分析
外部要因
市場調査

事業環境分析
外部要因
競合デスクトップ調査

事業環境分析
外部要因
ターゲティング{顧客イメージ明確化}

ブランドストーリー創造

ブランドプロポジション立案

表現開発方針策定{デザインコンセプト、ブランドトーン等}

ブランド体験プランニング立案{パワーアイテム、アイテムマップ等}

コーポレート
ブランディング
VI(ビジュアルアイデンティティ)開発

基本デザインエレメント開発

ブランドロゴ・基本デザインシステム開発

アプリケーションデザイン制作

VIガイドライン開発

SI(ショップアイデンティティ)開発

店舗ファサードイメージ開発

店舗サインシステム開発

店内アイテム制作

PR施策:ウェブサイト制作

ウェブサイト制作

コーポレートPR企業サイト制作

マーケティングPR幸右衛門茶舗ブランドサイト制作{レスポンシブ・スマホ対応}

戦略立案と実行

ビジョンやミッションについてのトップヒアリングを行い、宮鍋製茶様の歴史・ルーツと狭山茶、また日本の製茶事業について学び、ブランドアイデンティティの明確化を実施しています。
トップヒアリングによる自己分析の他、現状顧客の把握と将来的なブランドターゲットイメージを想定、ブランドターゲットのペルソナについて浮き彫りにし、また競争環境について現状把握と将来的な環境を想定。
これら3C分析に準ずるステップを踏んだ上で、ブランドコンセプトとデザインコンセプト(表現軸)の方針を定めています。

クリエイティブ | CIデザイン・VI開発/ショップアイデンティティ・店舗ブランドデザイン

ブランドデザイン:VI・店舗アイデンティティ開発

クリエイティブ | CIデザイン・VI開発/ショップアイデンティティ・店舗ブランドデザイン

幸右衛門茶舗のブランドコンセプトは「人と人の間に良質な茶があり、幸が生まれる」。これを踏まえ、ビジュアル化するためのデザインコンセプトとして「ルーツ(伝統)」×「革新(人)」=「幸(茶葉)」を表現軸として立てました。このデザインコンセプトを軸に、決して軽い流行に媚びず基本に忠実な、ソリッドなデザインを目指しています。ロゴタイプはソリッドでありながら明朝体のセリフを極力削り、装飾は1文字あたり1箇所に限定することですっきりしたデザインを開発。シンボルマークは頭文字のKであり、また風景画で構図を決める時、両手の人差し指と親指で作る枠です。いわばこれから描こうとする未来の風景、パースペクティブです。

ブランドカラーは、「ルーツ(伝統)」を表す黒に近い茶「憲法色」 。このブランドカラーをベースにし、コンタクトポイントにおける各アイテムや媒体の雰囲気を決めるとともに、サポートカラーでは「革新(人)」を表す茜色 、「幸(茶葉)」を表す萌木色を設定。また、キーとなる「人」「茶」「幸」の文字を茶葉に見立て、デザインエレメントとして制作しています。
店舗デザインでは複数持つ店舗デザインイメージに一貫性をもたらすため、マスターデザインを制作。店舗アイテムにおいては、近距離視点~中距離視点~長距離視点の大きく3つに分類したアイテムマップを作成。イメージ伝達において各々の役割や機能を考えた上で、基本デザインシステムをアイテムに展開、具体化しています。

PR | ウェブサイト制作

コーポレートWEBページ/ブランドサイトの企画・制作

クリエイティブ | CIデザイン・VI開発/ショップアイデンティティ・店舗ブランドデザイン

企業PRとして、ブランドホルダーである宮鍋製茶株式会社様のコーポレートサイトを制作。同時にブランドPRとして、幸右衛門茶舗ブランドとその商品をより詳細に伝達するブランドサイトを制作。
2つのWEBサイトによるシナジーを目指しています。幸右衛門茶舗ブランドサイトではスマートフォンに対応し、後に決済可能なECサイトとして活用することも想定した設計にしています。

クリエイティブパートナー

topelement

ブランドグラフ合同会社

ブランディングやCIにおける企画・デザイン、コンサルティング
各種メディア・ツールの企画制作、クリエイティブディレクション